アフィリエイターに嬉しい楽天3,980円以上送料無料問題

アイキャッチ画像(PCで収益を確認する男性)

巷を騒がせた楽天市場の3,980円以上全品送料無料ライン問題

反対組織の楽天ユニオン発足や公正取引委員会による緊急停止命令申し立てなどいろいろありましたが、結果的に一部店舗を除き2020年3月18日からスタートしました。

本件、楽天市場、出店者など当事者でもなければあまり関係ない思われるかもしれません。

が、若干ながら楽天アフィリエイトを扱っているアフィリエイターにも影響があります。

具体的にいえば、楽天アフィリエイトの単価が上がる可能性大

3,980円送料無料ラインの現状

まず、楽天市場の3,980円送料無料ライン問題の流れと現状をざっくり解説。

<ol class="meth">
<li>楽天、楽天市場上の全店舗に一律で3,980円以上は送料無料にすると宣言</li>
<li>楽天ユニオンなど、負担を押し付けられた店舗による反対活動が起こる</li>
<li>楽天に公正取引委員会による調査が入る</li>
<li>楽天、それでも強行すると宣言</li>
<li>公正取引委員会が地裁へ緊急停止命令を申し立て</li>
<li>送料無料ライン賛成派の店舗による楽天友の会が発足</li>
<li>楽天友の会、コロナウィルスを理由に導入延期を提言</li>
<li>楽天、申請すればこれまで通り自由に送料設定できるように</li>
<li>公正取引委員会、緊急停止命令の申し立てを引き下げる</li>
<li>3月18日より、延期を申請した店舗を除き3,980円以上送料無料がスタート</li>
</ol>

楽天側としては新型コロナウィルスなど情勢を鑑みて対応が難しい一部店舗は延期でもいいよ、って体。

しかし結果として選択制となったことで、公正取引委員会も振り上げた剣を鞘に納めたようです。

余談ですが、3,980円以上送料無料ラインを受け入れた店舗への優遇措置がはじまっています。いずれほぼ全店舗が自主的に3,980円以上送料無料ラインを受け入れることになりそうな流れ。

アフィリエイト報酬単価が上がる可能性大

で、朗報なのが楽天アフィリエイトの報酬単価が若干上がる可能性が高い点。

といっても特に楽天や出店店舗が報酬料率を上げるわけではありません。

が、3,980円以上の商品がすべて送料無料になることで送料分を販売価格に上乗せして値上げする店舗が増えることでアフィリエイト報酬単価が上がるはずです。

アフィリエイト報酬に送料は含まれがないが、送料無料(送料込み)商品なら……

今回の送料無料ラインうんぬんと関係なく、そもそも楽天アフィリエイト料率は売れた商品代金をもとに算出されます。送料は含まれません。

が、今後3,980円以上の商品は送料無料、もとい送料込みになります。

もちろん、もともと送料無料で影響のないお店も多いですし、送料無料になっても売価に転嫁せず据え置きにする店舗もあるでしょう。

しかし、間違いなく送料無料(送料込)の商品が増えアフィリエイト単価の上昇がみられるはずです。

特に3,980円程度の商品では送料は重くのしかかりますから、送料込みとして送料分を商品代金に転嫁し、値上げする店舗は多いはず。

仮に売価4,000円 / 原価2,000 / 送料は800円かかる商品として、これを送料無料にしたらいきなり利益率が40%減です。

いきなり給料40%減らすって言われたらいやですよね?

しかも現実には粗利50%なんて条件のいい商品、そうそうあるものでもありません。さらに楽天市場に支払う手数料とか段ボールなどの梱包資材費とか考えたら、利益なんて全然ない。

(一応、一定期間は楽天からある程度補償が行われることにはなったようですが)

なので、送料分を転嫁し、販売価格が高くなるお店は増えると考えて間違いありません。

とはいえ影響は薄いかも?

とはいえ、よほど数を売っている方や ピンポイントで送料込み値上げされた商品を売っていたアフィリエイターさんでもない限り、単価アップの影響は薄いかも。

店舗が送料込みで商品価格に転嫁するにしてもせいぜい500円~1,000円程度でしょう。

アフィリエイト報酬料率が2%なら10円~20円程度の変動です。

また、アフィリエイターさんが紹介している商品がもともと送料無料・送料込みの商品だったなど、影響がほぼ出ない場合も考えられます。

たとえば小さく単価の安い商品だとメール便などで送料無料なことが多いですね。

反対に高額商品ももともと送料無料である場合が多い。たとえば、3,980円送料無料ラインより以前から10,000円以上は送料無料としてラインを設けていたお店でしたら、10,000円以上の商品は送料を転嫁する必要がありません。

ほか、3,980円未満の商品や家電などの大型製品、酒類(酒税法の関係)は送料無料ラインから除外されます。

こういった商品をメインで紹介しているアフィリエイターさんは単価がアップしたとは実感しづらいかと。

まとめ:楽天送料3,980円問題でアフィリエイターは得をする

<ul class="summary">
<li>楽天アフィリエイトの報酬は注文された商品代金から計算される。</li>
<li>送料別商品の場合、送料部分には報酬が入らない。</li>
<li>3,980円以上送料無料ラインにより、送料無料商品が増加。</li>
<li>送料分を価格に転嫁した送料込み商品が増えれば、楽天アフィリエイトの商品単価が上がる。</li>
</ul>

WordPress

Posted by tonejill