WordPressサイトに目次をつけるTOC+プラグインの導入

自動的に目次を生成してくれるプラグインの導入方法

WordPressサイトでよく見かける目次。

目次は、長い記事でも可読性を上げ情報料の多い長い記事でも読者が自分の好きな情報を探しやすくなり、離脱率を下げるメリットがあります。

離脱率の減少は少なからずSEO対策にも効果があるとされ、Googleなど検索サイトからの自身のサイトへの検索アクセス増加も期待できます。

また、書き手自身も目次を意識することで情報を整理するようになり、記事が読みやすくなる副次的なメリットも。

今回は、WordPressサイトに目次を簡単に導入する最も手軽で簡単な方法である、Table of Contents Plus プラグインをご紹介します。

WordPressの目次はTable of Contents Plus 一択!

目次はWordPressのプラグイン Table of Contents Plus、通称TOC+を入れるだけで簡単に導入可能です。

使い方も簡単で、Table of Contents Plusプラグインを導入しておくことだけでh1やh2、h3など見出しタグに自動的にアンカーリンクをつけ、目次を生成します。

色々なサイトでも似たような目次を見たことがある方が多いかと思いますが、みんなこのTable of Contents Plusを使っているからなのです。

それだけ、Table of Contents Plusプラグインが優秀で完成度が高い証拠。

Table of Contents Plusプラグインの具体的な導入方法は以下の通り。

TOC+導入手順1 プラグインのダウンロード・インストール方法

WordPress管理画面左メニュー プラグインタブ 新規追加をクリック →

右上にあるプラグイン検索窓にて 『 Table of Contents Plus  』 を検索 →

インストールボタンをクリック →

プラグインを有効化をクリック

特に、最後のプラグインを有効化は初心者の方は見逃しがち。

ブラウザのアドオンなんかと同じでWordPressのプラグインはインストールしても有効化しておかないと効果がありませんので、要注意です。

(WordPressの見た目は結構変わってしまうので、あえてスクリーショットは入れていません)

TOC+導入手順2 Table of Contents Plusの設定画面

TOC+プラグインはインストール・有効化するだけで、各ページごとに見出しタグで囲まれた見出し部分の目次が自動生成されます。

しかし、そのままだけでなく細かい設定を行うことも可能です。

【管理画面】 WordPress管理画面左メニュー 設定 → TOC+

管理画面では主には下記が設定可能です。

・TOC+で生成された目次の表示配置

・見出しタグが n 以上ある場合のみに目次を生成させる(ある程度記事が短い場合は目次が不要なため)

・h1~h6の中でどの見出しを目次上に表示し、非表示にするかの設定も可能(上級者向け設定内)

・目次をクリックして移動する時にスライドするスムースコントロールの有無

・インデントを入れて階層表示するか、目次の頭に数字を付けるか

他にもデザインや表示させる記事のタイプ(固定ページ、記事ページなど)の選択も可能ですので、サイトの性格に合わせて設定しましょう。

TOC+による目次の作り方

TOC+は見出しタグになっている部分を自動的に目次にしてくれるので、サイト管理者本人がいちいち何かをする必要はありません。

しいていうなら、これから書く記事だけでなくすでに書いてある記事全ての見出しタグにTOC+プラグインが反応するので、適当に書き散らした記事は目次がおかしなことになっている可能性が。

そういったところの調整くらいでしょうか。

実際に見出しをつけて目次に出す場合は、例えば

<h2>見出しですよ~</h2>

みたいな感じでh1~h6などの見出しタグで囲ってあげれば『 見出しですよ~ 』が見出しとなり、TOC+が自動的に拾って目次化してくれます。

HTMLに疎くビジュアルテキストを使っている方は、

見出しにする行をドラッグ → テキストエディタの見出し機能で見出し1~見出し6のいずれかに設定

でOKです。

(見出しは行ごととなる点に注意!)

TOC+プラグインによる目次導入まとめ

・WordPressサイトにおいて目次はユーザーの可読性の上昇だけでなく、SEO対策効果によるアクセス増も期待できる

・Table of Contents Plusプラグインを使うことで自動生成される目次を簡単に導入可能。使い方も簡単

読者は一つの記事があまりに長く、ピンポイントで欲しい情報を探すのに手間がかかると、そのページを見る気が失せてしまいます。

しかし、記事によってはやはりある程度文字数・文量が多くなってしまうことも多々あるでしょう。

そういった時にせっかくきてくれた読者に頑張って書いた記事を読んでもらうためにも、目次は非常に役に立ちます。

しかも目次・見出しタグごとに意識した記事を書くことで文章が整理され、読みやすい文章になるのもサイトのためになります。

特に文章を使うWordPressサイトを立ち上げた際は、ぜひともこのTOC+プラグインを使って目次を導入しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策として、日本語が含まれない投稿は無視されます。ご注意ください。